ヘッドライトLED化おすすめなのか?HIDと明るさの違い

PHILIPS社制HIDバルブ装着後メンテナンス
home>
>
メンテナンス>
ヘッドライトLED化おすすめなのか?HIDと明るさの違い

ここ数年間で車のヘッドライトやフォグランプにHIDのみではなくLEDもメーカー純正でも搭載されるようになってきています。

ただ、LEDヘッドライトの明るさとHIDヘッドライトとの明るさを比較・比べてみると、(純正LEDヘッドライトを除いて)社外品のLEDヘッドライトに関してはやはり、今のところBELLOF(ベロフ)のフォースレイLEDヘッドライト以外は間違いなくHIDヘッドライトの方が明るいと言えると思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

目次に戻る


LEDヘッドライトのおすすめとメリットは?

メリットとしてはLEDヘッドライトはその名の通り光源がLEDなので、

  • 立ち上がりが早い。
  • 省電力なのでバッテリーへの負荷が少ない。
  • 4000時間と長寿命。

 

逆に、

デメリットとしては、

  • LEDなのでHIDに比べるとルーメン値が少ないために見た目は白っぽくてかっこいいが、視認性に若干欠ける。
  • 上記もしましたが、白いので雨の日などは視認性・視界があまり良くない。

 

くらいでしょうか。

スポンサーリンク

車を夜運転する上でいちばん重要なのは、やはり視認性や視界がよく見えるか否かかと思われます。

(デザイン性を除いてです。)

 

よく光の明るさにケルビン数(K)で以下の表のように色温度を表します。

 

ヘッドライトケルビン数色

 

ケルビン数が高ければ高いほど白くそして青くなっていきます。

それと同時に、
ルーメン値は低くなるために視認性・視界性はどうしても落ちてきてしまいます。

 

また、いちばん重要なのは車検に通るのかどうかということもあります。

 

車検適合品と商品に謳っていても(書かれていても)、
時々、色温度が6000K程度を目安にそれ以上だと車検には通らないことがあります。

メーカー純正ではじめからLEDヘッドライトになっている場合は除きます。

 

メーカー純正LEDヘッドライトやHIDヘッドライト、そしてハロゲンヘッドライトなどは全天候型に対応するために多くの場合は4000Kから5400Kくらいの間の設定になっています。

 

よく街中で見かけてかっこいいなぁ。
と思ってしまう白い(白すぎる)ヘッドライト色や青っぽいヘッドライト色は、はっきり言ってしまうと運転する上では視認性は悪く雨の日などはほとんど見にくいと言ってもいいです。

ただし!!

LEDヘッドライトの社外品でも別格なのは、
BELLOF(ベロフ)のフォースレイというLEDヘッドライトはルーメン値も高くて比較的メーカー純正LEDヘッドライトに引けをとらないと思われます。

ハロゲンヘッドライトの形状で一番多いのがH4タイプでHi・Low切り替えタイプです。

そのような車には以下のLEDヘッドライトが社外品ではおすすめです。

 

 

次に、ハイビームとロービームが独立している場合に多い形状のタイプはHB3かHB4になります。

 

 

フォグランプの形状としてはH9かH11になります。

 

 

スポンサーリンク

まとめとして、

メーカー純正LEDヘッドライト以外では、
やはりBELLOF(ベロフ)以外のLEDヘッドライトでは間違いなく私の経験上では雨の日などは見えにくくなってしまいます。

※HIDヘッドライトやケルビン数が4200K程度のものは除きます。

今後、
バッテリーへの負荷や省電力・省エネを考えているのでしたらLEDヘッドライトはおすすめとは言えると思います。

その際に一番気をつけて確認しなければならないのは…。

ケルビン数(K)とルーメン値です。
視認性、視界性でかんがえるとしたのなら、どちらかと言うとルーメン値が重要かと思われます。

LEDヘッドライトにする際には、絶対にルーメン値が高いものを選ぶと間違いないと思います。

以上、私見的な見解と意見でした。

LEDヘッドライトにする際の参考になりましたら幸いです。

 

以前にLEDヘッドライトのおすすめに関して以下の記事に書きましたので、参考にされてみてください。

この度、年甲斐もなくヘッドランプを省電力のLED化しました。一番悩んだのは、どのメーカーのLEDヘッドランプにするのかということでした。しかし、ベロフ(BELLOF)やIPFやPH

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました