Loading…

記事内にプロモーションが含まれています。

PC 設定

Office2010・2013でプラダクトキー紛失して確認・再発行してもった方法

Office製品プロダクトキー

所要時間目安:3

This session is using  IPv4  is established in

この記事は2016年2月21日のものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

PC 設定

目次に行く・戻る

メルカリ招待コード:

Office製品プロダクトキー

 

Office製品などマイクロソフト製品には必ずといってプロダクトキーがあります。
時にはリカバリなどをした際にそのプロダクトキーを紛失していることを(ないことに)気づかずにWordなどのOffice製品を起動させようとしてしまいます。

ですが、
プロダクトキーを紛失してしまっていると認証がされない為、
Office製品を起動できません。

そんなプロダクトキーを紛失・なくして確認できない場合に、
プロダクトキーを再発行してもらう方法です。

 

今でも、
Windows7はマイクロソフトのOSとしてはWindowsXPに似た操作性で人気とシャア数は多いです。

私も、
Windows7sp1を使用していました。
(現在はメーカー保証対象外でもWindows10にアップグレードしましたが…。)

ただ、
多くのメーカー製品のPCにはじめからバンドルされているOffice製品の多くは、
PCを使用してはじめてOffice製品を使用する際には必ずプロダクトキーの入力を求められます。

アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

その際に、


この記事を読む方へのオススメ


1番はじめの入力を求められた時にプロダクトキーを入力せずに終了してしまうと…。

 

次回Office製品(Word・Excel・PowerPoint・Outlook)を起動しようとしてもプロダクトキーの入力は求められますが、その時にプロダクトキーを入力してもうまく認証されずに使用することができなくなってしまいます。

 

メーカー製PCでプリインストールされているOffice製品がなぜこの様な仕様になったのかは定かではありませんが、
そうなっています。

購入当初は、
説明書を見ながらだったのではじめの起動時にしっかりとプロダクトキーを入力したので問題はありませんでした。

 

しかし、
リカバリなどをした際には再度Office製品のプロダクトキーの入力を初回起動時に求められます。

 

その時に!!!

 

購入した時の備品が全て揃っていれば問題ないと思いますが、
何年か経っていたりすると…。

購入当初の箱ごと保存しておいたつもりなものがなくなっていたり見つからないこともあります。

 

現に私もそうでした。

(実際は嫁が掃除の際に箱ごと邪魔なので捨ててしまっていたのですが…。(;´д`)トホホ)

 

てっきり保管してあるものと思い、
内蔵HDDをSSHDに交換してWindows7OSを新規インストールしたのですが…。

Σ(・∀・;)

Office製品の認証だけは先に済ませておこうと初回起動時にプロダクトキーを入力しようとしました。

 

上記したように、
既にプロダクトキーが書かれたものがなくなっています。

 

そこで、

マイクロソフトの認証サポートに電話をしました。

 

Microsoft認証電話番号
tel:0120-801-734

 

また、
購入しなおさなければならないのでしょうか?

 

という伺いと、

 

サポートの方がプロダクトIDが分かればなんとかなるかもしれないので、
他のテクニカルサポートの電話番号にかけてみてください。

とのことでした。

 

いろいろと検索してSSHDに交換前のHDDは壊れていたわけではないので、
HDDを交換してプロダクトIDの確認はOffice製品を起動すればヘルプにて確認できます。

 

淡い期待を抱いて以下のテクニカルサポートセンターに電話を再度しました。

 

テクニカルサポート電話番号
tel:0120-54-2244

※音声ガイダンスにて、
1→5→1をプッシュしますと直通します。

 

そして、
諸々の事情を説明してみました。

その後、正規品に間違いないのでプロダクトIDを伝えました。

すると、
すぐにプリインストール版のものですねとの返答がありました。

はいそうです。

と答えると…。

 

一度だけは再発行が可能のようで口頭で伝えるかメールで伝えるかどちらにしますか?

 

と言われましたが、
口頭だと聞き間違いなどの危険性もあるので両方は無理でしょうか?

と伺った所、
大丈夫ですよ!!

と…。

 

すぐにプロダクトキーを再発行してくれて口頭で細かく一文字一文字間違えの内容に丁寧に伝えてくれました。

そして、
メールアドレスも伝えて本日中には送信します。

とのことでした。

が、
なぜかメールは来なかった…。
(何か迷惑メールフィルタにでもかかったのでしょうか(・・?
口頭でも聞いておいて良かった(汗))

 

口頭で聞いたプロダクトキーを恐る恐る間違えのないように、
Office製品の初回起動時に入力しました。

 

しばらく待つと…。

見事認証完了しました。!!!!

Office準備が整いました

 

ふぅー。良かったぁ(・∀・)!!

 

マイクロソフト公式サイトにはプロダクトキー末尾5桁のみ確認する方法が記載されていますが、

 

 

これって何か意味あるんでしょうかね(・・?

 

参考程度に一応フリーソフトに関しても記載しおきます。

 

また、
一応フリーソフトでプロダクトキー確認ツールなるものがいくつかありますが、
それにて確認したプロダクトキーをマイクロソフトサポートに伝えても…。

違いますね。

と言われました。

 

フリーソフトもあてにならないです。

やはり、
しっかりとした公式のサイトでの確認方法があればそのとおりにするか、
ちゃんと正式なメーカーのサポートセンターに問い合わせるのが一番確実な方法だと痛感させられました。!!

 

ちなみに、フリーソフトで確認したソフト名は以下の3つです。

 

  • ProduKey
  • Windows Product Key Viewer
  • CD Key Seizer

すべての上記フリーソフトで一応プロダクトキーらしくものは表示されましたが、
すべて間違っているプロダクトキーでした。

 

まとめ

 

やはり一番は正規メーカーに問い合わえてみることだと思います。

 

以上、
マイクロソフト製品のOffice製品のプロダクトキーを確認ではなく再発行していただく方法でした。

参考になりましたら幸いです。

追記)現在はWindows10もリリースされたこともありガイダンスが少々異なっているようです。

 

詳細なガイダンス案内は以下です。

現在は、0120-542-244のあと、Windows10の何とかでというのが追加されていました。
①か⑧で、①で通常のマイクロソフトアンサーデスクに進むようです。
→①
次に、①使用法②支払い・・・(ここからは同じ)
→①
次に、①ライセンス②Office③Win・・・⑤マウス、キーボード等
→⑤

でした。
一応、口頭&メールで教えてもらったのですが、メールも問題なかったです。

 

以下の参考サイトのコメントより。

よく間違えてしまうのが、プロダクトIDとプロダクトキーです。

あなたにおすすめ

FTPツールWinSCPにてサーバー上の削除できないファイルやフォルダ削除方法

PC WordPress 伝えたいこと 備忘録 設定

サーバ上のファイルやフォルダ削除できない時に削除する方法

えーっ、(汗)。この度WordPressのバージョンアップ後にjetpackが連携できなくなってしまいまして…。 その詳細は次回にしますが、結果しっかりと連携できました。(#^.^#) そして、その連…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

HDDファームウェアのアップデート後

PC カスタマイズ ツール 伝えたいこと 備忘録

Seagate製HDDファームウェアのアップデートをしてみた方法

今回は、これまでに使用いていたラップトップHDDでSeagate社製のST1000lm014のハイブリッドHDDすなわちSSHDです。このHDD(SSHD)はハイブリッドHDDと言われNAND機能を持…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

Windows10資格取得情報の追加画像

PC Windows10 伝えたいこと 無線LANルーター 設定

Windows10でNASにつながらい解決方法SMB1.0設定でなく資格情報の追加

Windows10でNASに接続できなくなることがあります。その時に、よく2017年のWindows10のアップデートでSMB1.0がデフォルトで無効になったためと見ることがあります。たしかにSMB1…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

MicrosoftブラウザEdge

PC Windows10 ブラウザChrome 伝えたいこと 備忘録

これからのブラウザはEdgeでもいいのかもGoogle日本語入力が使えるようになったから。でも、やっぱりChrome…。

この間というか先日Windows10のおいてGoogle日本語入力を、Windows10標準のブラウザであるEdgeで使えるようにしてからですが、 意外とEdgeもレンダリング速度が速い?とも思ってし…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

FFFTP

PC 伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

FFFTP1.99最新バージョン正式版がリリースされました

FTPソフトと言えば?Windows98の頃からある(昔)からあるffftp(FFFTP)だと思います。IBMホームページビルダーなど有償アプリケーションなどには基本的にメーカーが作成したFTPソフト…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

引用元サイトの選択テキスト部分を自動的に生成された引用タグ表示場所

PC カスタマイズ ツール ブックマークレット 伝えたいこと 備忘録

引用元<blockquote></blockquote>タグを自動生成するブックマークレット選択したテキスト部分のみ

ブログをやっている方やサイト運営されている方って、必ずと言っていいほど引用することが出てくると思います。 毎回毎回、 引用部分をコピペして引用元サイトのURLリンクなどを何度かの操作をして作るのって面…

もっと読む

おすすめの記事一部広告

おすすめ!!

世界中でNo.1のシャアを誇るAmazonでのお得なお買い物でお得をしよう!!ネット通販なので、もちろん24時間年中無休です。健康商品から食品、車カスタマイズ商品、大手家電メーカー商品やパソコンの自作サプライ商品、その他アマゾン・プライムでは映画やドラマなど多くの作品や番組を見ることができます。マスクなど衛生商品も今では必須アイテム。一番信用できて一番商品数の多いAmazonでの買い物が絶対にオススメ!!

おすすめ2

楽天による季節特集です。それぞれの季節ごとにお得なお買い物商品やお得な旅行商品、その他にもAmazon同様に国内最大の買い物ポータルサイトです。楽天をメインにお買い物されている方はポイントやSPUも貯まりさらにお得に!!楽天カードや宇佐美系列のガソリンスタンドでも楽天ポイントが今では貯まります。それらのポイントを貯めてお得にお買い物や旅行商品その他にもパソコンサプライや車カスタマイズ商品など楽天も充実しています。

お小遣い稼ぎにアンケート。

Multiplex 広告

Total271


アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-PC, 設定
-, , , ,

目次に戻る

目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください