ここ10年のゲリラ豪雨やゲリラ雷雨、経験したことのない水害(雨)に思うこと

マイクロカプセルとゲリラ雷雨ゲリラ豪雨水害伝えたいこと
home>
伝えたいこと>
ここ10年のゲリラ豪雨やゲリラ雷雨、経験したことのない水害(雨)に思うこと

ここのところ毎年のように水害による被害が、日本のどこかで起こっています。全国的にどこで台風被害や突然のゲリラ雷雨やゲリラ豪雨と言われるものすごい勢いの雨に見舞われることが数多くの地域で、しかも頻繁に起こっています。大きな一級河川の氾濫や氾濫危険水位までの水位上昇など。20世紀までとは規模が違う気がします。ですが、観測史上初というのは夏の最高気温や例年になく異例の猛暑日の連続(最近では酷暑とも。)。逆に冬には、最低気温の低下と両極端な気がします。特に水害についてですが、この10年くらいものすごく柔軟剤や除菌消臭スプレーがあちこちで多用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ
  1. ゲリラ雷雨やゲリラ豪雨、そして毎年のように起こる水害について。
    1. コストコは、安くて大量に食べ物や多くの商品を買うことができて本当にありがたいです。今では全国的に10数年前より店舗数も多くなっています。(その分小規模な店舗も)
  2. まだ、その頃にはマイクロカプセルによる香料の持続性や柔軟剤や洗濯洗剤などには入っていなかったと思います。ここ数年で香り長持ちとか抗菌除菌そして消臭を謳い多くの商品が販売されています。
    1. アルコールかエタノール消毒であれば感染予防対策にはなりますが、上記商品ではどうなのでしょう。
  3. 話しは元に戻って、ゲリラ豪雨やゲリラ雷雨などによる水害についてですが、マイクロカプセル入りの商品が数多く販売されています。
  4. 車好きならわかると思いますが、雨の後は車が汚れます。これは雨の水滴がホコリを含んでいるから一見雨によって車が洗い流されるように感じますが逆に雨水に含まれる汚れによって汚れてしまいます。
    1. これは、雨にはチリやホコリなどが含まれているからなのですが、最近のマイクロカプセルと言われるものはカプセルが弾けてより小さなプラスチックになって、それらが雨の核になり得てゲリラ雷雨やゲリラ豪雨の要因になっているのかもしれません。などと考えてしまうときがあります。
  5. 他にも、もちろん温暖化と言われていることが原因のひとつかもしれませんが、人間がマイクロカプセルという雨の核になり得るものを作って大気中に放出してしまっているのもある気がしないでもない気がします。

目次に戻る


スポンサーリンク

ゲリラ雷雨やゲリラ豪雨、そして毎年のように起こる水害について。

勝手な想像ですが、2000年代後半にアメリカの香りつき柔軟剤のダウニー(downy)が、爆発的ヒットを飛ばしました。

特にコストコという会員制の大きな店舗があり、どれも大きなサイズのものや大量に安く買えます。そこでの販売がきっかけだったのかもしれません。

コストコは、安くて大量に食べ物や多くの商品を買うことができて本当にありがたいです。今では全国的に10数年前より店舗数も多くなっています。(その分小規模な店舗も)

スポンサーリンク

まだ、その頃にはマイクロカプセルによる香料の持続性や柔軟剤や洗濯洗剤などには入っていなかったと思います。ここ数年で香り長持ちとか抗菌除菌そして消臭を謳い多くの商品が販売されています。

また、この2年弱は新型コロナウイルスのパンデミックで、除菌抗菌スプレーやファブリーズ(リセッシュ)などでファブっちゃおう。ファブリーズで洗濯など。ソファーや布団にシュッシュッしても洗濯などできないと思うのですが、してしまいがちでもありますよね。ついつい。

アルコールかエタノール消毒であれば感染予防対策にはなりますが、上記商品ではどうなのでしょう。

スポンサーリンク

話しは元に戻って、ゲリラ豪雨やゲリラ雷雨などによる水害についてですが、マイクロカプセル入りの商品が数多く販売されています。

このマイクロカプセル内に香料や抗菌するものが入っているのでしょう。マイクロカプセルなので小さなカプセルだと思います。

もともと、雨は大気中のチリなどの小さな物質を雨の水滴の核として大気中の水分が水滴になります。

スポンサーリンク

車好きならわかると思いますが、雨の後は車が汚れます。これは雨の水滴がホコリを含んでいるから一見雨によって車が洗い流されるように感じますが逆に雨水に含まれる汚れによって汚れてしまいます。

ですので、雨の後は車が汚れています。洗車産業やボディーコーティング(ガラスコーティング)専門店が多くなったので、中にはそこまで汚れないという車もあるでしょう。

これは、雨にはチリやホコリなどが含まれているからなのですが、最近のマイクロカプセルと言われるものはカプセルが弾けてより小さなプラスチックになって、それらが雨の核になり得てゲリラ雷雨やゲリラ豪雨の要因になっているのかもしれません。などと考えてしまうときがあります。

日本だけでなく世界的に天災(水害)が多くなっていますが、空気・大気は地球上ずっとつながっているので、どこの国でもチリなどを多発生させてしまえば雨の核としてこれまでに経験したことがないような猛烈な雨が降って、一級河川さえも決壊させ水害になってしまう要因でもあるような気がしないでもないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

他にも、もちろん温暖化と言われていることが原因のひとつかもしれませんが、人間がマイクロカプセルという雨の核になり得るものを作って大気中に放出してしまっているのもある気がしないでもない気がします。

勝手な想像ですが・・・。

参考までに)

ここのところ毎年のように水害による被害が、日本のどこかで起こっています。全国的にどこで台風被害や突然のゲリラ雷雨やゲリラ豪雨と言われるものすごい勢いの雨に見舞われることが数多くの地

こちらはちょっと今回のこととは異なりますが、今回はゲリラ豪雨やゲリラ雷雨などによる水害についてふと思ったことを書いてみました。

なによりも台風やゲリラ雷雨、ゲリラ豪雨などによる水害が起こらない発生しないことが一番です。

ところでここ数年なんでこんなにも大雨があちこちで降るのでしょう。

「数十年に一度の・・・」というのを毎年のように聞いているような気がします。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました