Loading…

記事内にプロモーションが含まれています。

メンテナンス

エクストレイルフォグランプが下を向きすぎている光軸調整方法

エクストレイルフォグランプの光軸調整後

所要時間目安:3

This session is using  IPv4  is established in

この記事は2017年9月10日のものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

メンテナンス

目次に行く・戻る

メルカリ招待コード:

人気車種のSUVで日産エクストレイルT32型のフォグランプは、光軸が下を向きすぎているためせっかくLEDフォグランプにしたりHIDにしたりしてもその恩恵をあまりかんじられません。要は、ボンネットが少し出っ張っているのとフォグランプ自体の光軸が下を向きすぎているためです。

アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

この記事を読む方へのオススメ

ヘッドライト、ヘッドランプやフォグランプの光軸を調整する方法です。

すべての車に、
光軸というものがあります。

その名前の通り光の軸ですが中心点とも言うべきものでしょうか。

その角度や左右の向きによって、夜のドライブ中に前の視認性がアップして楽しく安心して見やすい運転ができるかどうかになります。

新車での購入時であればおおむね問題ないと思われますが、車種によってはヘッドライト以外(フォグランプ)など対向車が眩しさを感じない程度に調整してもよい場合があります。

また、前側のフォグランプは補助灯という扱いになるので車検時には検査されません。

多くの人が乗っている人気SUV車の日産エクストレイルのフォグランプは、

ちょっと光軸が下を向きすぎているため運転席からはフォグランプの色を実用性に長けた黄色にしたりしても、ほとんど見えない感じです。

光軸調整のネジの部分を知っていれば簡単に光軸調整はできます。(特にフォグランプの場合は上下のみしか調整できません。)

実際に、
エクストレイルのフォグランプの光軸調整はフェンダーの一部を外してタイヤハウスなどから直接調整することもできます。

しかし、
エクストレイルの場合にはアンダーカバーの下側を除いてみると、ちょうどフォグランプの光軸調整ができるように穴が空いています。

以下のように…。

エクストレイルフォグランプの光軸調整方法

この赤丸の部分に長いプラスドライバーを挿して、

ここの穴(サービスホール)にてフォグランプの光軸調整を行うには長いプラスドライバーが必要になってきます。

アンダーカバーを少し外しての作業でも可能ですが、30cmくらいのロングドライバーがあればこのピットホールから直接光軸調整ネジを回すことができます。

有名なのが100円ショップダイソーの30cmロングドライバーですが、大きめのダイソーでなければ売っていません。

また、長めに長期的にメンテナンスなどをその他のヘッドライト光軸調整などを行う際にも車種によっては必要になってきます。一度だけの光軸調整ではなく何度か行う場合などは、少しメーカー製品の方が長持ちなのかもしれません。

以下にダイソー製品の30cmロングドライバー以外のアストロプロダクツやメーカー製品の30cmロンクドライバーを紹介しておきます。

  • 右に回すと上方向に光軸が調整されます。(時計回り)
  • 左に回すと下方向に光軸が調整されます。(反時計回り)

この時に絶対にやってはいけないことが、光軸を上げすぎてはいけないということです。

なぜなら…。

上述したように、
対向車が眩しくなってしまうからです。

要は、
常にハイビームになっているような状態になってしまいます。

時々いますね。。。。

とっても眩しい車が…。

だいたいにしてパッシングされてしまうことになります。

注意)

LEDフォグやLEDヘッドライトの場合には特に相手側にはまぶしく映ります。

参考にですが…。

おすすめのLEDフォグランプは値段相応になりますが、安めであれば以下のLEDフォグバルブがオススメです。

ちょっとだけ有名どころのメーカーでIPF社製のフォグランプでのオススメは以下のLEDフォグランプバルブがオススメです。

その他にも、BELLOF(ベロフ)のボールドレイネオというLEDフォグランプも一流メーカーです。

最後に、光軸調整後には…。

必ず、
自分で10メートルくらい車の前に立ってみてまぶしくないかどうかを確認します。

この時に、
自分でまぶしい!!

と感じたのならば対向車の運転手もまぶしいです。

そういった場合には、再度光軸調整をしてまぶしくない程度に光軸を上げるのではなく下げる方向に調整し直します。

調整後にもう一度車の前に立ってまぶしくないかどうかを確認して、まぶしくなく自分が運転席から見た時もLEDフォグランプやHIDにした恩恵を感じられる程度であれば…。

見事に光軸調整の成功です!!

自分も程良く明るく見やすくて対向車の運転手もまぶしくない絶妙な光軸調整です。

光軸調整ひとつでも夜のドライブ(運転)が楽しくなりますよ!!

以下のような感じで、
程良く下側を照らしてかつ、遠目も程良く照らしている感じでの光軸調整を心がけましょう。

エクストレイルフォグランプの光軸調整後

何度もいいますが…。

※光軸を上げすぎてしまうと対向車の運転手が眩しくなるので注意しましょう。

あなたにおすすめな関連記事

新型デイズステアリングエクストレイルT32に取り付け夜間点灯

メンテナンス

新型デイズプロパイロットのステアリングをエクストレイルT32に取り付ける

新型デイズB44W(B40系)が今年2019年3月28日に公表されて、3月29日新発売されてから早いもので約3ヶ月半が過ぎました。中古で良いのでオークションなどないかなぁと思いながら2週間くらい見てい…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

エクストレイルとハリアー

伝えたいこと 時事ネタ

エクストレイル20Xtt特別仕様車ハリアー最大値引きはいくらなのか

ハリアーもエクストレイルも今年の来月6月には、マイナーチェンジをむかえます。両者ともに値引率、値引きしてもらうには絶好の時期でもあります。 そこで、ハリアーとエクストレイルについてディーラーにて値引き…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

メンテナンス

エクストレイルT32おすすめラジエターキャップ純正品番

ラジエターキャップは、車での消耗品の1つです。ラジエターキャップはラジエーター内のクーラント液の圧力を大気圧より少し上げて沸点を高める役割をしています。また、その際にエンジンをかけた後にクーラント液が…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

T32エクストレイルスピードメーター取り付け後

メンテナンス

エクストレイルスピードメーターを取り外しメーターガラスを綺麗にする

今や多くの人。。。というよりほとんどの人が何かしらの車を保有しています。何年間乗るかは人によりそれぞれでまちまちかと思います。私は概ね10年は一つの車を乗り続けられたらいいなぁ。と思ってメンテナンスな…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

自動車任意保険おすすめ比較

メンテナンス

車の任意保険おすすめ一括見積りサイト楽天

車ユーザーにとって欠かせないのが自賠責保険以外に任意保険会社です。車での保険は一応自賠責保険という強制加入の保険と民間企業による任意保険会社による保険の2重で(2段階で)、補償される仕組みになっていま…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

エクストレイル日産純正マッドガード

メンテナンス

エクストレイルの燃費にマッドガード(泥よけ)取り付けで影響するか否か

エクストレイルにマッドガード(泥よけ)を取り付けた方がカッコイイので、今回はエクストレイルにマッドガード(泥よけ)を取りるけてみました。ただ、若干の空気抵抗が加わるので燃費にどのように影響が出るのかも…

もっと読む

メンテナンス, 」同じカテゴリーの記事一覧

おすすめの記事一部広告

お小遣い稼ぎにアンケート。

Multiplex 広告

おすすめ!!

世界中でNo.1のシャアを誇るAmazonでのお得なお買い物でお得をしよう!!ネット通販なので、もちろん24時間年中無休です。健康商品から食品、車カスタマイズ商品、大手家電メーカー商品やパソコンの自作サプライ商品、その他アマゾン・プライムでは映画やドラマなど多くの作品や番組を見ることができます。マスクなど衛生商品も今では必須アイテム。一番信用できて一番商品数の多いAmazonでの買い物が絶対にオススメ!!

おすすめ2

楽天による季節特集です。それぞれの季節ごとにお得なお買い物商品やお得な旅行商品、その他にもAmazon同様に国内最大の買い物ポータルサイトです。楽天をメインにお買い物されている方はポイントやSPUも貯まりさらにお得に!!楽天カードや宇佐美系列のガソリンスタンドでも楽天ポイントが今では貯まります。それらのポイントを貯めてお得にお買い物や旅行商品その他にもパソコンサプライや車カスタマイズ商品など楽天も充実しています。

Total735


アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-メンテナンス,

目次に戻る

目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください