おすすめプリンター複合機CANON・EPSONでもなくBROTHERかHP(ヒューレット・パッカード)

おすすめCANONプリンター複合機PC
home>
PC>
おすすめプリンター複合機CANON・EPSONでもなくBROTHERかHP(ヒューレット・パッカード)

現在、多くの家電量販店や価格ドットコムなどで人気機種ランキングや売上数ランキングなどでじょういを占めているCANONとEPSONのインクジェットプリンター。しかし、よくランニングコストを考えると、長期的に使用できてかつインクヘッドの目詰まりなどの心配がないのは、ヒューレット・パッカード(HP)の製品であることがわかります。

スポンサーリンク
  1. なぜなのか?それは、インク自体にヘッダも一緒に交換することでインクジェットの最大の難点であるインク詰まりをインク交換で解消できるからです。
    1. 1年に数回しかプリンターを使用しないことが多いのも一般家庭では現実かと思われます。
  2. そして、頑固なインクヘッドの詰まりですとメーカー修理対応となってしまい、プリンター。複合機の修理に出さなければなりません。
    1. 年賀状などはある意味期間限定で、その時に使えないと困ってしまうものです。
  3. 新しいCANON製品やEPSON製品の比較的安価なとりあえずプリントアウトできるプリンターや複合機を購入してしまいます。
    1. しかし、やはり国内メーカーでCANONのプリンターがいいという方は以下のプリンターではなく複合機がおすすめです。
    2. また、比較的安価なプリンターを買ったりすることになってしまいます。
  4. または、個人事業主や会社などで多くのところで取り入れているBrother製品です。
  5. 現在今年2019年の3月上旬に発売されたMCF-J998DNというのがありますが、
  6. 去年の製品でMCF-J997DNという商品・製品があります。
  7. 最後に、やはりインク詰まりをしないプリンター複合機では断然HP(ヒューレット・パッカード)のインクジェットプリンターになります。
    1. 最新型のプリンター複合機は2017年9月か10月に発表された以下のプリンターもしくは複合機になります。
    2. 家電量販店モデル(特定量販店モデル)ですと、機能や性能は全く同じですが色、デザインがブラック(黒)ではなく、以下のように白基調なデザインになっています。また、型番がENVY Photo 6222になります。

目次に戻る


スポンサーリンク

なぜなのか?それは、インク自体にヘッダも一緒に交換することでインクジェットの最大の難点であるインク詰まりをインク交換で解消できるからです。

CANONでもEPSONでもBrother製品でもである程度インク詰まりを改善してきているとはいえ、結局はインクノズルヘッドを交換できるのはヒューレット・パッカード(HP)製品のみです。

CANON、EPSON製品は特にインク詰まりが原因で修理となることが多いです。

また、メーカー保証は1年間と短いです。

多くの場合、年賀状作成のときのみなどに使用すると思われます。

1年に数回しかプリンターを使用しないことが多いのも一般家庭では現実かと思われます。

そんな時、プリントアウトできない・・・。

なんてことに遭遇することは多いと思われます。

そして、頑固なインクヘッドの詰まりですとメーカー修理対応となってしまい、プリンター。複合機の修理に出さなければなりません。

そして、その間はプリントアウトすることはできなくなってしまいます。

年賀状などはある意味期間限定で、その時に使えないと困ってしまうものです。

そして、メーカー修理に時間がかかってしまう。その間に年賀状時期が過ぎてしまう。

なら、

新しいものを買った方が安いし早い。

となって、

新しいCANON製品やEPSON製品の比較的安価なとりあえずプリントアウトできるプリンターや複合機を購入してしまいます。

そして、1年後。。。

また、同じようなインク詰まりしてしまったりしてしまいます。

しかし、やはり国内メーカーでCANONのプリンターがいいという方は以下のプリンターではなく複合機がおすすめです。

 

そして、

また、比較的安価なプリンターを買ったりすることになってしまいます。

なんだか悪循環・・・。

そのようなことを踏まえて長期的に使用したいのであれば、間違いなくヒューレット・パッカード(HP)製品をオススメします。

または、個人事業主や会社などで多くのところで取り入れているBrother製品です。

BrotherプリンターやFAX機能付きそして電話まで付いていて2万円~3万円代の製品です。

とてつもなくコストパーフォーマンスは良いと思います。

現在今年2019年の3月上旬に発売されたMCF-J998DNというのがありますが、

 

去年の製品でMCF-J997DNという商品・製品があります。

 

店頭などで在庫次第ですが新製品と純正インクの型番が違うだけで、機能としてはまったくと言っていいほど然程変わりません。

デザインが少しだけ変わったくらいです。

スポンサーリンク

最後に、やはりインク詰まりをしないプリンター複合機では断然HP(ヒューレット・パッカード)のインクジェットプリンターになります。

HP(ヒューレット・パッカード)プリンター複合機は毎年ではなく数年おきに新商品を発売しています。

最新型のプリンター複合機は2017年9月か10月に発表された以下のプリンターもしくは複合機になります。

最悪インク詰まりしてしまった場合には、HP(ヒューレット・パッカード)製の純正インクを交換するだけでメーカー修理する必要もなく直ります。

 

HP(ヒューレット・パッカー)直販モデルのENVY Photo 6220がブラック(黒)でスタイリッシュなデザインになっています。

 

家電量販店モデル(特定量販店モデル)ですと、機能や性能は全く同じですが色、デザインがブラック(黒)ではなく、以下のように白基調なデザインになっています。また、型番がENVY Photo 6222になります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました