Feedlyボタン最新作成方法2018年版とエラー対処・解決方法

FeedlyボタンAFFINGER4Pro
home>
WordPress>
AFFINGER4Pro>
Feedlyボタン最新作成方法2018年版とエラー対処・解決方法

Feedlyは、Googleリーダーがサービスを終了してから言わずと知れたRSSリーダーかと思われます。そのRSSリーダーの記事内下部などによく設置されているfeedlyボタンを押すと自分のサイトをfeedlyでフォローしてもらえるようなボタンがあります。そのボタンが今年2018年から2017年までのHTML設定だとエラー表示されるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

目次に戻る


そこで、最新Feedlyボタン作成方法です。

AFFINGER4やSTINGER6、STINGER7、STINGER8などで自分で新たに追加している方などはある意味必須かもしれません。

私の場合は、
見事に以下のようなエラー表示になっていました。

Feedlyエラー表示画像

 

スポンサーリンク

これは、Feedlyが何やら仕様変更?した模様で(詳細はわかりませんが・・・。)2017年までのままのHTMLコードですと上記画像のようにエラー表示なってしまっていると思われます。

まだ、Feedlyボタンをブログなどの記事に使っている方々は確認したほうが良いと思われます。

具体的な解決方法です。

ただ単に、HTMLコードのURLを変更するだけで基本的には解決できます。

これまでのFeedlyボタンへのリンク先URLは、

https://cloud.feedly.com/#subscription%2Ffeed%2Fhttps%3A%2F%2Finfovarious.com%2Ffeed%2F

こんな感じでした。

それを以下のようにします。

https://feedly.com/i/subscription/feed/https://infovarious.com/feed/

 

全体としては、

<a href="https://feedly.com/i/subscription/feed/https://infovarious.com/feed/" target="blank"><img id="theButton" src="https://s3.feedly.com/img/follows/feedly-follow-rectangle-flat-big_2x.png" alt="follow" width="131" height="56" style="margin-top:14px;" exifid="-1877203022" oldsrc="https://s3.feedly.com/img/follows/feedly-follow-rectangle-flat-big_2x.png" class="aligncenter"></a>

 

スポンサーリンク

これで、Feedlyボタン標準?のものがセンター(真ん中)寄せで表示されます。

こんな感じになります。

follow

しかし、これまでのデザインを崩したくない場合には、

上記したように、
URLの部分のみ書き換えるだけでちゃんとFeedlyボタンが機能してくれます。

現段階での私の記事下のFeedlyボタンにて確認してみてください。

スポンサーリンク

最後に、参考および上記HTMLコード作成ツールを作ってくれた方のサイトは以下になります。

Feedlyボタンが、気がつけば(2018年1月に)機能しなくなりました。Feedlyが提供してくれているボタン生成ページで作成してもエラーになります。修正点を調べたら、ほんとどごっそり変更する必要があったので、ボタン作成のWebツールを作成しました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました