パルスオキシメーター酸素飽和度測定おすすめ

パルスオキシメーター酸素飽和度測定伝えたいこと
home>
伝えたいこと>
パルスオキシメーター酸素飽和度測定おすすめ

今年に入ってから新型コロナの報道や情報ばかりで辟易してしまいますね。でも、軽症者や無症状者もいる中で重症者やお亡くなりになられた方もいらっしゃる事実・・・。この報道されている数字をどう考えるのかはさて置き・・・。できることはできるだけしておきたいですね。緊急事態宣言が発出された4月・5月の間はパルスオキシメーターもネット販売などであちこちで在庫切れや商品がないのにもかかわらずAmazonなどで商品が届かずにクレジットカートからお金だけ引き落とされたなどという詐欺まがいもありました。そうなる前に、まだ少しでも余裕のあるうちに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

目次に戻る


比較的おすすめのパルスオキシメーターです。

 

お値段もそこそこです。

本格的なパルスオキシメーターは医療機関がしっかりとしたルートでしっかりとした医療機器を購入されることと思います。

一般人にできる一時的な酸素飽和度の指標として用いたいと思ってしまうのが現状かと思います。

スポンサーリンク

パルスオキシメーターで測定できるのは以下になります。

  • 脈拍数(PULSE)
  • 酸素飽和度(SpO2
  • 潅流指数(これは普通はわからないし一般人ではわかりません)

 

一番重要なのは酸素飽和度です。

この値が正常だと96%or97%以上ですが、それを下回ると血中に酸素が不足している状態になります。(酸素不飽和)94%くらいですと普通は息苦しいです。

これは肺での酸素交換がうまくいっておらず血中に酸素が不足している状態になっているということです。

スポンサーリンク

よく救急医療現場でサットと言ったりサチュレーションと言われる値になります。

SpO2と省されることもあります。

  • サット
  • サチュレーション
  • SpO2

どれも血中酸素飽和度(血液中にどの程度の割合で赤血球数のヘモグロビン(Hb)と酸素(O2)がくっついているかを示す数値)のことを指しています。このヘモグロビン(Hb)により身体中に必要とされる酸素(O2)を細胞に届けます。酸素飽和度の値が低いということは、その届ける酸素自体が少ないということになります。そうすると身体機能の維持が著しくできなくなっていしまいます。ただ、新型コロナウイルスの場合は時にこの酸素飽和度が低くても息苦しさなどを自覚しないこともあるようです。

なので、自覚症状として気づきにくいのならパルスオキシメーターで酸素飽和度を測定してみて正常値の範囲内であれば肺炎など呼吸器に著しい炎症などにより酸素が血中に取り込みにくい状態ではないということなので、その時点での肺炎などに関しては安心かと思われます。

スポンサーリンク

喘息持ちの方や呼吸器に疾患をお持ちの方々はお持ちの方が多いのかもしれません。

ただし、上記のような方々は本当に発作時などには必要になります。在庫などがなくなったりすると困りますので買い占めなどはやめましょう。

前回の緊急事態宣言が発出される前後のようにむやみに買い占めはだめです。

あくまで参考まで

 

追記です。

スポンサーリンク

楽天にて、現在では比較的お値段が安いパルスオキシメーターから高いものまであります。以下に比較的安価でオススメなものから、ちょっと高めのものをご紹介いたします。

安めのオススメなパルスオキシメーター

 

比較的中間くらいの?お値段のパルスオキシメーター

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました