Loading…

記事内にプロモーションが含まれています。

PC Windows10 不具合 伝えたいこと 備忘録 設定

Windows10起動しない使えないアプリを起動する方法(筆ぐるめなど)

Windows10で使えなくなった筆ぐるめなどアプリケーションを使えるようにする

所要時間目安:4

このセッションは  IPv4  で確立しています
This session is using  IPv4  is established in

この記事は2016年11月13日のものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

PC Windows10 不具合 伝えたいこと 備忘録 設定

目次に行く・戻る

メルカリ招待コード:

Windows10が発売、リリースされてもう1年4ヶ月弱が経とうとしています。
その間に大幅なアップデートが2回ほどありました。

1回目は昨年2015年11月のth1511です。この時の大幅なアップデートによって多くのPCや非対応だったドライバやソフトやアプリケーションが正常に?動くようになりました。

2回目は今年の夏に無償アップグレード期間が終了した後のすぐ8月2日にWindows10AnniversaryUpdateと称して大幅な機能追加とアップデートがありました。

私の場合PC自体がWindows7sp1だったのとPCメーカーではサポート対象外だったのですが、Microsoftのアップグレード通知によると互換性のないアプリやドライバやハードウェアはありません。

とのことだったので、思い切って昨年のth1511の時にWindows10にアップグレードしました。

スマホアドセンス1[adsense]にも使われる


この記事を読む方へのオススメ


案の定、大きな不具合はなかったですが、ちょっとした不具合や勝手に設定が変わってしまったり…。

とうことはありましたが、
自分で対処可能でしたので不便を感じることはありませんでした。

しかし、
Windows10AnniversaryUpdateに関しては、大幅な機能追加とあったのでパソコン自体がWindows10にメーカーではサポート対象外だったので若干迷っていました。

しかし、!!

パソコンで作業中に勝手に10月初旬当たりだったでしょうか…。
再起動してWindows10AnniversaryUpdateが適用されてしまいました。

(しかも、もしもの為にとアップデートする前にイメージバックアップを取っている最中でしたorz。でも、8月2日にすぐに一度はイメージバックアップにてバックアップは取ってあります。)

Windows10AnniversaryUpdateが終わるまで待つこと約2時間くらいだったでしょうか。
再起動を何回かして正常にWindows10Anniversaryが起動してくれました。
(良かったですε=(・ρ・*) フゥ、)

起動後はなんか設定が若干変わっていた気がしましたが何を直したのか覚えていないので割愛させていただきます。

そこでです。今は年末です。!!

そうです。年賀状や喪中はがきの準備で大忙しになります。

元々パソコンにプリインストールされていた筆ぐるめが昨年は普通に起動して使えたので大丈夫だろうと思っていました。

ですが…。

スタートメニューから筆ぐるめを起動しようとしても一向に起動してきません。

参りました。し、焦りました。
だって、住所録とかいっぱいじゃん。一応バックアップはしてあるものの…。

 

なんで、

去年は正常に起動して動いて使えていたのにWindows10AnniversaryUpdateしたら使えなくなっちゃうの??的な感じでした・・。

悔しいので、意地でも起動させて見せよう!!

と決意!!

といっても、大したことを試したわけではありませんがポリポリ (・・*)ゞ。

フリーソフトなどでもなぜか起動するけれどすべての機能が使えないなどもありました。ので…。

と前置きが長くなりすぎですがm(__)m。

 

具体的にWindows10(AnniversaryUpdate)にアップグレードして使えなくなったアプリ、アプリケーションを起動させる方法です。

まずは、
左下のいつものスタートメニューをクリックするとWindows10AnniversaryUpdate後は、
すべてのプログラムが表示されるようになりました。

その中で今回私の場合は筆ぐるめを起動させたかったので、

筆ぐるめのところで右クリックしてその他にマウスカーソルを合わせます。

Windows10で使えなくなった筆ぐるめなどアプリケーションを使えるようにする

 

その後、
「ファイルの場所」をクリックするとWindowsのスタートメニュー内のフォルダに入っていることがわかります。

その後、 「ファイルの場所」をクリックするとWindowsのスタートメニュー内のフォルダに入っていることがわかります。

 

ファイルの場所を開くで、該当フォルダ内が開きます。

さらに、その中にあるアイコンはすべて実行ファイルのショートカットです。

Windows10で使えなくなった筆ぐるめなどアプリケーションを使えるようにする

 

なので、
さらにその中で使いたいアプリ、アプリケーションのアイコンで右クリックします。

そうすると大元の実行ファイルの場所がわかります。

筆ぐるめの場合は、以下になります。

はじめのスタートメニューからのWindowsのスタートメニュー内のフォルダのフルパス(位置)は以下になります。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\筆ぐるめ Ver.18

そして、
この大元のプログラムファイルの実行ファイルの場所は以下になります。

C:\Program Files (x86)\Fgw18

この大元のプログラムファイルの実行ファイルの場所の実行ファイルで右クリックします。

すると以下のようになります。

Windows10で使えなくなった筆ぐるめなどアプリケーションを使えるようにする

※この画像では、
すでにスタート画面にピン留めをした後なので、スタート画面からピン留めを外すになっています。

Windows10で新たに?加わった機能(名称)の「スタートメニューにピン留めする。」を選択します。

すると以下のように左下のWindowsアイコンのスタートをクリックすると以下のようにピン留めしたもの(アプリ)が、
右側の一覧のところに表示されます。

Windows10で使えなくなった筆ぐるめなどアプリケーションを使えるようにする

 

そこで、
今回ピン留めした「筆ぐるめ(バージョン18)」をクリックすると・・・・・・。

あら不思議??!!
普通に起動してくれました。

はじめはなんとなく反応が遅いので2回くらいクリックしたと思います。

1回で起動してこなかった場合は2回、3回くらいクリックした方が良いと思われます。

あとひとつだけ実施してみたのは、

上記の大元のアプリ、アプリケーションの実行ファイルの場所の実行ファイルを直接ダブルクリックで起動させると必ず起動しました。

なので、
これは使える(起動する)と確信して上記のようにちょこっとだけカスタマイズして、使いやすいように設定してみました。

最後に…。

他にも、以下の方法もあります。

  1. 互換モードでこのプログラムを実行する方法。
  2. Windows SmartScreenをオフにしてみる方法。

ちなみにですが…。

筆ぐるめバージョン18にて起動できましたが筆ぐるめバージョン17でも起動できました。

しかし、
筆ぐるめバージョン18と17はWindows10は対象外のようです。
筆ぐるめWindows10対応情報

また、
年賀状作成ソフトで有名な筆まめもバージョンによってはWindows10は対象外のようです。
筆まめWindows10対応情報

でもまぁ、ぶっちゃけそんな上記のように変に設定など変更して実行、起動させるより通常に起動できるのなら通常起動させたいですよね!!

最終手段としては、

大元のプログラムファイルの場所の中のアプリ、アプリケーションの実行ファイルのショートカットを作成して、

その自分で作成したショートカットを自分の使いやすい場所において、

Windows10で通常起動してこなかったアプリ、アプリケーションを実行させ起動させることもできました。

なので、スタートメニューからこれまで使えていたアプリが起動してこなくなったからといって諦めずにこのような方法も試してみてください。

だって、せっかく起動していたのに毎回のアップデート毎に新しいアプリを買ってばかりでは勿体ないじゃないですか…。

Windows7sp1のままやWindows8.1のままであったのであれば、まだまだ買う必要もなかったのですから!!
試してみる価値ありだと思いますよ(^^)!!
互換モードに関しては以下の動画にて確認してみてください(#^.^#)

https://www.youtube.com/watch?v=7c2zUayM3Q8

最後に上記方法にてWindows10で筆ぐるめや筆まめなどの年賀状作成ソフト(年賀状アプリケーション)が起動できない場合には、

以下のGoogle 日本語入力をWindows10で使えるようにする方法と同じように【ALL APPLICATION PACKAGES】の設定にて確実に筆ぐるめや筆まめなどが起動するようになります。

参考)

私は、今でも筆ぐるめバージョン18を使用できています。

追記最新版です。

あなたにおすすめな関連記事

日本はどこへ向かうのか

伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

新型コロナ騒動(パンデミック)で明らかになったことや問題点課題点など

2019年に中国において報告されたとされている現在パンデミックと言われている状況で、制度不備や行政不備、医療体制不備、など様々な体制不備が取りだたされ明らかになったことも多くあります。世界においても病…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

jetpackのCSS内容無効化

WordPress カスタマイズ 備忘録

jetpackの自動出力されるCSSを無効化で出力しないようにする方法

WordPressの有名なプラグインはいくつかあります。そんな中のひとつで多機能(ある意味重い?)なプラグインでjetpackがあります。使っている機能は人それぞれかと思われますが、私はphotonと…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

キーボードカバーおすすめ代替品

PC ツール 伝えたいこと 備忘録

キーボードカバーおすすめ代替品FA-MULTIレビューです。対応品がなくなった時

ものすごいショックっo(´^`)o ウー。 もうキーボード自体は、17年前(早いなぁ。)のDELLのデスクトップPC製品なのですが・・・・・・。去年キーボードカバーに穴が空いてしまっていたのでパソコン…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

Stinger7デモサイトスクショ

Stinger6 Stinger7 WordPress カスタマイズ カスタマイズ テーマ 伝えたいこと 備忘録

Stinger6のフッターに3カラムのウィジェットを追加する方法

WordPressのテーマには多くのものがあります。 中でも無料のテーマでStingerがとても有名です。 かつ、 SEO的にも優れています。 また、 カスタマイズ性にも良いです。 そこで、 Stin…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

テキストにリンクがある場合にくるっと回るアニメーション

WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

テキストにリンクがある場合にアニメーション効果をつけるCSS方法11選

先日画像にリンクがある場合に画像を透過させるCSSでの方法を記載しました。 画像にリンクがある場合にCSSだけでゆっくりと透過させる方法 こちらの続編で忘れないうちに記事にして備忘録として残しておこう…

もっと読む

インフィード広告アドセンス

RSSフィード画像

STINGER PLUS+ Stinger6 Stinger7 WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

RSSにアイキャッチ画像を出力する方法Stinger6、Stinger7、StingerPLUS+版

以前、RSSにアイキャッチ画像を出力する方法という記事を書きました。     普通の?RSSフィードに(PINGOOなど)にはアイキャッチがちゃんと表示されていました。 ですが、B…

もっと読む

PC, Windows10, 不具合, 伝えたいこと, 備忘録, 設定」同じカテゴリーの記事一覧

おすすめの記事一部広告

お小遣い稼ぎにアンケート。

Multiplex 広告

おすすめ!!

世界中でNo.1のシャアを誇るAmazonでのお得なお買い物でお得をしよう!!ネット通販なので、もちろん24時間年中無休です。健康商品から食品、車カスタマイズ商品、大手家電メーカー商品やパソコンの自作サプライ商品、その他アマゾン・プライムでは映画やドラマなど多くの作品や番組を見ることができます。マスクなど衛生商品も今では必須アイテム。一番信用できて一番商品数の多いAmazonでの買い物が絶対にオススメ!!

おすすめ2

楽天による季節特集です。それぞれの季節ごとにお得なお買い物商品やお得な旅行商品、その他にもAmazon同様に国内最大の買い物ポータルサイトです。楽天をメインにお買い物されている方はポイントやSPUも貯まりさらにお得に!!楽天カードや宇佐美系列のガソリンスタンドでも楽天ポイントが今では貯まります。それらのポイントを貯めてお得にお買い物や旅行商品その他にもパソコンサプライや車カスタマイズ商品など楽天も充実しています。

Total601

スマホアドセンス1[adsense]にも使われる

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-PC, Windows10, 不具合, 伝えたいこと, 備忘録, 設定

目次に戻る

目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください