Loading…

メンテナンス

ブレーキペダルストローク調整部分

ブレーキペダル調整ストローク調整方法高さ調整

本日の人気記事BEST10

所要時間目安:2


メンテナンス

やっと、
本来書こうとしたネタである車ネタを書きます。

多くの車でフットブレーキがあるのは当たり前です。
(ないと車とは言えないんですが^^;)

そのフットブレーキがメーカーや車種によって、高さや長さが違います。

また、
その運転する人によっても身長などが異なる為、座席から足を伸ばしきった時に、

よく読まれている人気記事一覧

ブレーキペダルの位置が近すぎたり遠すぎたりすることがあります。

そんな時は多くの場合座席シートを前後することで解決する場合が多いですが、
それでもなかんかしっくりこない時があります。

そんな時はエンジンルームのマスターシリンダーストッパーと繋がっている部分を調整することでブレーキペダルの、

  • 位置
  • 高さ
  • 長さ

の調整ができます。

以下の部分になります。

ブレーキペダルストローク調整部分

ただ、
ここの部分を弄るのには結構寝た感じで運転席のブレーキペダルの奥になるので車種によっては難儀です。

スポンサーリンク

アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

でも、
まずは画像にあるゴムブーツの手前に鉄のストロークがあります。

そして、

目次に戻る


ブレーキパッドにつながっています。

画像にはちょっと見えにくいですが、
ブレーキパッドに繋がる所とゴムブーツとの間がナットで固定されています。
(14mmレンチナット)

裏側で固定されているナットを緩めることでストロークの調整が可能になります。

長さ調整の方法は、
ネジ山になっているのでクルクルと回すとストロークが伸びたり縮んだりします。

それによって結局ブレーキペダルのストロークの長さが調整されることになります。

ブレーキペダルのストローク調整方法

イメージとしては、
上記画像のような感じになります。

この時に一番注意しなければならないのは、

思いっきり踏み込んだ際にフロアマットにつかないようにすることです。

思いっきり踏み込む時ということは緊急時に急ブレーキを意味します。

この時にフロアにブレーキペダル(裏側)がフロアに当ってしまうと急ブレーキが完全に聞かない状態になってしまうということです。

なので、
ストローク調整するのはいいですが、くれぐれも思いっきり踏み込んだ際の位置を必ず確認してください。

ブレーキペダルがフロアマットにぶつかるようでは絶対にダメです。

 

あとは、
ブレーキペダルのストローク調整をすると一緒に調整しなければならないのが、

フットブレーキランプスイッチです。

 

フットブレーキランプスイッチ

上記画像にあるように、
ストローク調整部分と近くにフットブレーキランプスイッチがあります。
この場合は青いふちのものです。

ここも同じくナットで固定されています。

ナットを緩めると同じようにクルクルと回せるようになります。

そのようにしてから、
フットブレーキランプスイッチをブレーキペダルを踏んでいない時に不点灯になるように調整します。

ここを調整しないとストロークを短くした場合には、

ブレーキペダルを踏んでいなくてもずぅーと後ろのブレーキランプが点きっぱなしになってしまいます。

すると、
後続車はなんでずっとブレーキを踏んでいるのだろう?
と思います。

また、
自分への被害?としては、
ブレーキランプが点きっぱなしになっているということはバッテリー消費しているということになります。

エンジンをかけていない状態でも点きっぱなしになるので、
バッテリーあがりになってしまいます。

このようなことにならないように、
フットブレーキのストローク調整をした場合には、

必ずフットブレーキランプスイッチの調整もしなければなりません。

フットブレーキランプスイッチイメージ画像

フットブレーキランプスイッチのイメージとして、
上記になります。

このようにわずかなネジ山調整で、
ブレーキランプが点いたり消えたりするようになっています。

はじめは要領がうまくわからないかもしれませんが、
何回かやっていくうちにネジ山何個分くらいでブレーキランプが点灯するかわかってきます。

そうなってくると、
ひとりでも簡単にブレーキランプスイッチの調整もできるようになってきます。

スポンサーリンク

シートポジションがなんか落ち着かないとか、

なんとなく運転ポジションが合わないと感じる方は足の余裕がなさすぎるのかもしれません。

そんな時は、
ブレーキペダルのストローク調整をしてみてもいいのかもしれませんね。

※ブレーキという大事な部分です。
あくまで調整を自分でする際は自己責任にてお願いします。

自信のない方はディーラーや整備工場などでやってもらうと良いと思います。


アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

メンテナンス, 」同じカテゴリーの記事一覧


おすすめの記事一部広告

    Multiplex 広告

関連記事

カオスバッテリー

メンテナンス

バッテリーの交換方法は簡単ですがメモリなど注意も必要です。

今回は、バッテリーの交換方法についてです。 なぜこの記事を書こうかと思ったのかというと…。 今はインターネットの普及でネットにてバッテリーが安く買えてしまいます。 なので自分でバッテリーの交換をされる…

もっと読む

プッシュスイッチの自動戻りスイッチタクティカルスイッチ化初め

メンテナンス

プッシュスイッチを自動戻り(タクティカルスイッチ化)スイッチ加工方法

車のカスタマイズ(その他の電化製品などのDIY)には欠かせないスイッチです。スイッチにもいくつかの種類があります。その中でエーモンのプッシュスイッチを自動戻りスイッチに加工する方法です。最近発売されて…

もっと読む

プラリシート補修する欠けたプラスチックの爪

メンテナンス

プラスチック破損や欠け割れの修理補修はプラリペアかプラリシート

先日、投稿したプラリペアを販売されている武藤商事さんのプラリシートという商品をがあります。そのプラリシートのみでも、プラスチック製品やFRP樹脂製品やABS樹脂製品の破損や欠けてしまった部分の修理補修…

もっと読む

年末年始渋滞予想

メンテナンス 伝えたいこと 備忘録 旅行 時事ネタ

年末年始の渋滞予測・渋滞予想は、名神・東名は1月2日、3日がピークで55km…。

さてさてもうそろそろ、年末年始の帰省ラッシュ時期に近づいてきました。 年に幾度となくこの帰省ラッシュという言葉が踊るのでしょうか。 まずは今回のように年末年始、そして夏のお盆時期の会社が夏休みの時期が…

もっと読む

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-メンテナンス,
-, ,



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

せきららの
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



目次に戻る

目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください