車の内装インパネ破損修理にプラリペアとプラリシートがおすすめ

プラリシート補修前ステアリングエクストレイルV字部分全体メンテナンス
home>
>
メンテナンス>
車の内装インパネ破損修理にプラリペアとプラリシートがおすすめ

車の内装インパネやあバンパーなどFRP樹脂やABS樹脂などのプラスチック製品の破損時に簡単に接着剤よりも強力にくっつく補修剤があることを知りませんでした。よく内装のインパネなどを剥がして配線処理などをする時に、一箇所だけ外し忘れてしまったりして…。パキッっと破損したり割ってしまったり…。時には、外装でもFRP樹脂のバンパーなども縁石などにぶつけてしまい割れてしまったりすることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

目次に戻る


そんな時に、新しい内装インパネや新しいバンパーなどを買い直すことなく簡単にプラスチック製品の補修接着ができるプラリシートやプラリシートがありました。

それがこちらです。

プラリシートがおすすめかと思われます。

武藤商事さんのプラリペアシリーズで最新製品のプラリシートがガラス繊維も入っていて簡単により強固にくっつきます。接着してくれます。化学反応の重合結合を利用したもののようです。

これで、
私は、ハンドル・ステアリングのプラスチック部分の突起物(固定する部分)の補修接着をしてみました。

以下のようにステアリングのスイッチ部分を外すためにV字部分を外す時に、2つの爪を破損した部分です。

プラリシート補修する欠けたプラスチックの爪

セメダインやアロンアルファなども考えましたが、専用のこんな化学的にガラス繊維も入っていてより強力に補修接着を可能にするプラリシートがあるのにびっくりしました。

本当に、ガッチリとくっついてくれて強度も問題ありませんでした。

以下のように2つの爪をくっつけたかったのです。

プラリシート補修前ステアリングエクストレイルV字部分

上記はアルミ色に(銀色)に裏側も塗装?されてしまっているABS樹脂ですが、実際には別途購入したステアリングのものには裏側には塗装はされていませんでした。

なので、サンドペーパーなどのヤスリなどで少し傷をつけたりしてABS樹脂やプラスチック部分を剥き出す?必要はなかったです。

プラリシートにて破損したABS樹脂(プラスチック)の爪2つの部分です。

プラリシート補修後全体

あまりきれいではありませんが・・・。

ちょっとだけアップ画像です。

プラリシート補修後アップ

この後に、ヤスリやサンドペーパーなどで綺麗にすると見た目も良いと思いますが、裏側なので今回はしませんでした。

その他にも、水槽やパイプなどプラスチック製品に幅広く使用できるようです。

塗装が必要な場合には、割れてしまった部分をプラリシートにて補修接着後に表面をきれいにして塗装し直せば全く問題ないかと思います。

そのくらい強固に接着してくれます。

スポンサーリンク

プラスチック製品を割ってしまったり折ってしまった場合には、一度は試してみても損はないと思います。

本当におすすめです。

スポンサーリンク

また、プラリシートではなくプラリペアにおいてはネジ山(プラスチック製品の)の再生なども可能です。

そして、型取りくんという商品を別途購入して同じ部分の型取りをして、その型取りを破損部分に充てがってプラリペアを流し込む(ニードル法)事によって、同じ部分のFRP樹脂やABS樹脂プラスチック製品の再生ができます。

プラリペア

型取りくん

本当に便利で簡単です。

追記です。)

先日、投稿したプラリペアを販売されている武藤商事さんのプラリシートという商品をがあります。そのプラリシートのみでも、プラスチック製品やFRP樹脂製品やABS樹脂製品の破損や欠けてし

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました