Loading…

メンテナンス

LEDゴースト点灯解決。フットランプとカーテシランプ取り付けたら…。

本日の人気記事BEST10

所要時間目安:3


メンテナンス

エクストレイルT32カーテシランプフットランプマイナスコントロール配線エレクトロタップ後

以前からエクストレイルT32へはカーテシランプやフットランプを取り付けていました。もちろんLEDで。そこで、フットランプをエーモンの面発光LEDに前座席下部の2箇所を変えたら(汗)。。。なっなんとw(゜ー゜;)wワオッ!!。オートACC機能が完全にOFF?になる13分後くらいにラゲッジルームのシガーソケット電源がオフになった瞬間に、再点灯してしまいました。(正確には再点灯していました(・_・;))

NISSANエクストレイルは人気SUVですが、意外とTOYOTAのハリアーに比べると車内の高級感が若干劣り気味?な感じかもしれません。それを少しでも解消する為に今回はエクストレイル

スポンサーリンク

アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

よく読まれている人気記事一覧

LEDでよく言われるゴースト点灯どころではなく再点灯状態…。

ゴースト点灯であれば300Ωくらいの抵抗を該当LEDに並列接続にて抵抗値を上げてLEDが点灯する程の電流を流さないようにするか、整流ダイオード(CRD)にて対処が可能かと思われます。

ただのLEDへの微電流でのコースト点灯であれば以下のような孫市屋さんやピカキュウさんなどの抵抗を並列接続することで解消・解決はできます。(ただし、抵抗を挟むので省エネ・省電力・省電流とはなりませんが・・・。)

ゴースト点灯対策孫市屋さんのレジスター抵抗1本から。

しかし!!

再点灯状態です!!

配線方法は以前に紹介したとおりです。

(エーモンさんのDIYラボ?にも動画として載っています。)

配線に電子回路に間違いはない。のに、12分から13分後に再点灯状態。そして、ラゲッジルームのシガーソケット電源も再通電状態になってびっくりしました。

目次に戻る


スポンサーリンク

そこで、配線を何回も見直したり配線コードを取り替えたり一晩そのまま再点灯状態で様子を見たりしてみました。

ですが、再点灯状態は解決されず。。ゴースト点灯ではないですよ。(汗)

なぜなのか?

いったい車側でどういう制御をしているのか???皆目見当がつかず。ディーラーの試乗車にてもドアを開けたままガムテープでドアロック状態もどきを再現して、ディーラーの純正オプションでもあるセーフティイルミの運転席側の青色LEDが点灯もしくは点滅もしくはゴースト点灯するのか確かめました。

結果、点灯せずでした。

一度ちょうど13分後くらいにLEDが点灯しましたが、ただ単にドアのロックスイッチ部分を抑えていたガムテープが剥がれてドアオープン状態になったためでした。

また、ディーラーの整備士さんが教えてくれたのですが、テールランプの電球をLEDに変えたらキックダウンしなくなった。というお客さんもいらっしゃいいたようです。そして、元の電球に戻したら直ったとのことでした。

私もコンビニで年式は違いましすが同じエクストレイルに乗っていたお客さんに少し立ち話?した事がありました。その時は、その人はメーカーオプションのナビ付きのものですが、ナビ下のシガーソケットを使用して横のUSBにてiPhoneを充電か何かしたら、エアコンがいきなりブワーッって出てきてびっくりしました。とのこと。その方がディーラーに行って問い合わせたけれど、分からない。とのことで、同じような使い方はしないようにしてますとのことでした。

走り?走行に影響がない?にせよ急に違う操作の動作結果の装備品が動いたらびっくりしてしまうと思います。走行中ではなく停止中で良かったですねと話したのを覚えています。

そんなこんなの時々わずかな電流値?など?の変化で微妙に違う動きをしてしまう?(それとも、何かしらのコマンドみたいなことをしてしまった為に起こった事象?であればいいのですが・・・。)

で、元に戻ってLEDの再点灯状態を解決すべく配線方法をエーモンさんの車種別のフットランプ接続方法ではなく、純正オプションのカーテシランプの配線方法にて取り回しに配線を変更しました。

助手席側のヒューズBOXとBCM(ボディ・コントロール・モジュール)の接続端子のドアオープン0V配線。ではない。

エクストレイルT32カーテシランプフットランプマイナスコントロール配線

右下コネクタの紫色配線が常時電源(ルームランプ)で、左上コネクタの水色配線がドアオープン時0V配線です。
(0V配線の水色配線にはマジックで黒い点がマーキングされています。)

エクストレイルT32ドアオープン0V配線Aピラー

結果的には、同じ閉回路のはずなのですが・・・。

だって、助手席側のAピラー部分からルームランプの常時電源配線からの分岐とドアオープン時0Vの水色配線からの分岐なんですもの。

でも、このAピラーからのフットランプとカーテシランプのドア開閉時のみLEDが点灯するように配線をした結果。

再点灯もゴースト点灯もなく正常にLEDのフットランプとカーテシランプが点灯して、ドアロック状態で消灯するようになりました。

また、消灯後オートACCオフになったであろう13分後くらいになっても再点灯もせず、しっかりとした動作をしてくれました。

要は、

  • ドアオープン時にLED点灯。
  • ドアクローズ時に消灯。

という簡単で単純な動作回路です。

エクストレイルT32カーテシランプフットランプマイナスコントロール配線エレクトロタップ後

スポンサーリンク

実際は、マイナスコントロールというちょっとだけ難しいコントロール方法でもありますが、理解すればとても合理的な配線方法です。

追伸)

はじめの助手席側のヒューズBOXからの電源と、BCM(ボディコントロールモジュール)へのドアオープン時0Vの水色配線の時にも対策方法はありました。

具体的な対策方法は、ルームランプのスイッチ(ON・OFF・DOOR)の3つの内、ただ単にOFFにする。です。

ルームランプのスイッチ自体をOFFにした所はじめの配線方法においてもフットランプLEDとカーテシランプLEDは、正常に点灯し正常に消灯するようにはなりました。

車両・車体の個体差なのでしょうか・・・。


でも、そんなに個体差なんてあってはならないですよね・・・。

その他参照)

現行型のNISSANエクストレイルNT32・T32型には、カーテシランプが付いていません。前期型、後期型共にです。そこで、カーテシランプの意味としてはドアを開けた時の足元を照らして
以前にもカーテシランプの増設方法を記しましたが、それだけではなにか物足りない・・・。そんなこんなで、LEDにてもう少しカーテシランプを明るくしようと色の選定から迷いましたが、結果以


アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

おすすめの記事一部広告

    Multiplex 広告

メンテナンス, 」同じカテゴリーの記事一覧


関連記事

温泉の入り方

メンテナンス

エーモンフロントグリルラインイルミLEDレビュー&評価

またまた、車に関するカスタマイズネタになります。 今回は、 エーモン工業製品のLEDでフロントグリルにLEDにて発光させてフロントグリルにLEDラインをつけてのドレスアップです。 色は、 白(8000…

もっと読む

Stinger6カスタマイズ備忘録

WordPress カスタマイズ メンテナンス

Stinger6カスタマイズアドセンス広告設定備忘録

この度、 これまではBloggerにてブログ運営をしてきて、 カスタマイズもそれなりにして、 アクセス数もまずまずとなっています。 ですが、 よく読まれている人気記事一覧 人気記事 車のキーナンバー確…

もっと読む

自動車税納税通知書

メンテナンス 伝えたいこと 時事ネタ

自動車税納税通知書が来ない…。再発行してもらった方法と自動車税一覧

新年度も始まり1ヶ月が過ぎました。 5月と言えば自動車税の納税通知書が来る月でもあります。 そして、納付期限も同じ5月末日までです。 ゴールデンウィークも明けて通常通りの営業や運行・運用に戻った世の中…

もっと読む

スピードメーターLED化後

メンテナンス

スピードメーターLED化打ち替え後速度合せにおすすめアプリとオプティトロンメーター風に

今回は念願のスピードメーターをLED化しました。 はじめはオプティトロンメーターのように白いLEDを使ってのLED化を考えましたが・・・・・。 ちょっとアレンジしてみてもいいのかなぁと思いまして、青の…

もっと読む

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-メンテナンス,



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



目次に戻る

目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください