車の任意保険おすすめ一括見積りサイト楽天

自動車任意保険おすすめ比較メンテナンス
home>
>
メンテナンス>
車の任意保険おすすめ一括見積りサイト楽天

車ユーザーにとって欠かせないのが自賠責保険以外に任意保険会社です。車での保険は一応自賠責保険という強制加入の保険と民間企業による任意保険会社による保険の2重で(2段階で)、補償される仕組みになっています。自賠責保険はどこで加入しても同一補償ですが、任意保険は保険会社によって年間の金額も補償サービスや内容も若干異なってきます。現在ダイレクト保険が値段的には安いし特段会社としてのお付き合いや知人や親戚によるお付き合いなどがなければオススメです。

スポンサーリンク

目次に戻る


スポンサーリンク

ダイレクト系任意保険会社のオススメです。一括見積りサイトをとりあえず利用するのが懸命だと思います。

自動車保険の一括見積り比較サイト楽天Powered by価格.com

上記は、楽天によるカカクコムとの提携により複数社の任意保険会社の一括見積りができます。

一括見積り後、すぐにサイトで確認できる任意保険会社もありますが、メールにて後日見積もり内容が送信されてくる会社もあります。

上記一括見積りサイトによる見積もりができる任意保険会社は以下になります。

  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • セゾン自動車火災保険
  • チューリッヒの自動車保険
  • 三井ダイレクト損保

それぞれ40代の人は他社より年間の金額が安いなど特徴がある中で、外資系企業や東京日動火災保険や損保ジャパンなど国内企業のダイレクト系任意保険会社があります。

個人的におすすめは外資系企業のダイレクト系任意保険会社の方が比較的値段的には安いと思います。また、補償内容やロードサービスなどはどこのダイレクト系任意保険会社でも大差はないと思われます。

一番重要なのは、対物補償と対人補償です。

その他、ご自分の補償内容ですが人身傷害補償は必ず付けておいたほうが良いです。現在では搭乗者傷害保険は人身傷害補償にてカバーされることが多いのでお金に余裕のある場合は、人身傷害補償と搭乗者傷害の両方を付けておくと手厚いサポート(補償)が受けられます。

人身傷害補償の金額設定はそれぞれの方ご自身にあった金額設定をすれば良いと思います。もちろん、金額設定が高くなれば(高額になれば)年間の金額も高くはなってきます。

私は、いくつか見積もりをしてセゾン自動車火災保険の大人の保険も魅力的でしたが、結局SBI損保が車両保険の金額設定が一番高く設定できたのでSBI損保にしています。

ただ、それぞれの車両保険の金額設定はその年によって変わってきますし車種や年式によっても変わってきます。

過去に、車上荒らしにあったり車の盗難にあったりされたことのある方は必ず車両保険は付けておくと思います。

スポンサーリンク

車両保険にもフルカバータイプ(相手が分からなくても補償)と車対車(相手が分かった場合のみ補償)など種類があります。

他にも、搭乗者傷害に関しても名前が搭乗者傷害なのに搭乗中以外にも補償される内容もありますので、ここの内容は要チェックです。

正直、この搭乗者傷害については多くの方が車に乗っていなくても普段の日常生活に置いても怪我などされた場合に車の任意保険で補償されることを知らないと思います。また、知らないから使わないのか知っていても使わないのかは分かりませんが、多くの場合搭乗中以外の怪我などの場合は搭乗中以外でも補償される契約内容であっても使わない使われないケースがほとんどかと思われます。なので、私は搭乗中以外の補償は付けていません。

これだけでも少しは任意保険料を安くできます。

以上簡単なご案内でした。

任意保険の更新の際には、時々他社の見積もりもしてみた方が比較もできますし料金の見直しや補償内容の見直しにも良いと思いますので、おすすめです。

自動車保険の一括見積り比較サイト楽天Powered by価格.com

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました