Loading…

AdSense WordPress カスタマイズ

非同期のAdSenseレスポンシブコードの変更方法

本日の人気記事BEST10

所要時間目安:3


AdSense WordPress カスタマイズ

非同期レスポンシブコード

既に、
多くの方が利用されているかと思われます。

Google AdSenseという広告配信サービスです。
がレスポンシブコードがβ版から始まり現在では正式版になっています。

また、
以下のように同期コードによるレスポンシブコードの改変は容易でした。
https://productforums.google.com/forum/#!topic/adsense-ja/kB5OpyPC5-U

レスポンシブ推奨いて広告コードを発行すると、
autoになっていて自分の意図する広告サイズとは違います。

そこで、
cssを利用した広告サイズの変更方法は多く拝見されます。

ですが、
今回はcssによるレスポンシブ対応ではなく、

よく読まれている人気記事一覧

目次に戻る


スポンサーリンク

別の方法にてレスポンシブにて自分の意図する広告サイズの表示方法です。

スポンサーリンク

アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード


まず現在のレスポンシブコードを発行すると、
以下の様なものかと思います。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-ご自分のID"
data-ad-slot="スロットID"
data-ad-format="auto"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ここで最下部の<script>の中です。
ここの中に以下のようにコードを追加します。

まずは完成形です。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle" style="display:inline-block" data-ad-client="ca-pub-○○○○○○○○○○○○"></ins>
<script>
// ○○○○○○○○○○○ はサイト運営者IDの数字部分
google_ads_params = ["336", "250", "××××××××"]; // ×××××××× は 広告ユニットのID
if (document.documentElement.clientWidth > 800) {
google_ads_params = ["336", "280", "×××××××"]; // ×××××××× は 広告ユニットのID
}
if (document.documentElement.clientWidth > 500) {
<!-- 横幅が500px以上なら 300x250 のリンク広告を表示する -->
google_ads_params = ["300", "250", "×××××××"]; // ×××××××× は広告ユニットのID
}
if (document.documentElement.clientWidth > 300) {
<!-- 横幅が300px以下なら 300x250 のリンク広告を表示する -->
google_ads_params = ["300", "250", "×××××××"]; // ×××××××× は広告ユニットのID
}
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
params: {
google_ad_width: google_ads_params[0],
google_ad_height: google_ads_params[1],
google_ad_slot: google_ads_params[2]
}
});
</script>

 

<ins>タグ内にwindow.adsbygoogle || []というものがあります。

ここに、
上記のようにparamsキーを使います。

  • width→google_ad_width、
  • height→google_ad_height、
  • data-ad-slot →google_ad_slot

に対応となっています。

最後に、

自分で任意に作成した配列google_ads_paramsに、
[width,height,data-ad-slot]の順序で、
条件にあった値を入れれば完成です。

 

以上が、

非同期の広告コードをレスポンシブデザインに対応させるようにした広告コードです。

もっと細かく対応させたい場合は、
広告コードの種類を別途いくつか作成して、
アクセスされた方の画面の横幅で条件分岐を増やせばOKです。
今回は、3つの条件分岐の場合でした。

(もしくは、div の横幅に合わせて可変させる事も可能です。)

難点と言いますか問題点と言いますか…。

 

ブラウザのウィンドウの幅が可変できる場合に、
(スマホなどで横向きと縦向きでは幅が異なります。)
可変しても広告コードが切り替わらないという点だけです。

しかし、
これは今のところそんなに苦ではないと思います。
また、
多くの方はスマホで横向き縦向きが自動で変わる設定は、
ゲームをする時くらいしかONにしてないのではないでしょうか。

以上です。

スポンサーリンク

まとめ

 

以下のサイトのコードよりスマートにできたかと思われますがいかがでしょう。
How to Use Google AdSense Link Units on Responsive Websites - Digital Internals

AdSense, WordPress, カスタマイズ」同じカテゴリ人気記事


アドセンス336pxPC閲覧記事下表示1つ目コード

おすすめの記事一部広告

関連記事

WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

管理画面に最終更新日を追加し記事修正し易く並び替える方法

WordPressのデフォルトの管理画面には、日付欄しかありません。 これはこれでいいのですが、例え…

もっと読む

ありがとう。感謝。

WordPress アップグレード カスタマイズ 不具合 伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

WordPress4.7が12月6日にリリースされるけれど、不具合とか大丈夫かなぁ。

ついこの間WordPress自体のバージョンアップを新しい4.6.1が公開されてから行ったばかりなの…

もっと読む

2匹のネコ

AdSense インターネット 伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

広告単価はWordPressとBloggerどっちが高い?とHTTPS化(SSL化)について…。

もう昨今では知る人ぞ知るGoogle AdSenseという広告配信による収益化?でお小遣い稼ぎや本業…

もっと読む

jetpackのCSS内容無効化

WordPress カスタマイズ 備忘録

jetpackの自動出力されるCSSを無効化で出力しないようにする方法

WordPressの有名なプラグインはいくつかあります。そんな中のひとつで多機能(ある意味重い?)な…

もっと読む

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

おすすめ!!

世界中でNo.1のシャアを誇るAmazonでのお得なお買い物でお得をしよう!!ネット通販なので、もちろん24時間年中無休です。健康商品から食品、車カスタマイズ商品、大手家電メーカー商品やパソコンの自作サプライ商品、その他アマゾン・プライムでは映画やドラマなど多くの作品や番組を見ることができます。マスクなど衛生商品も今では必須アイテム。一番信用できて一番商品数の多いAmazonでの買い物が絶対にオススメ!!

おすすめ2

楽天による季節特集です。それぞれの季節ごとにお得なお買い物商品やお得な旅行商品、その他にもAmazon同様に国内最大の買い物ポータルサイトです。楽天をメインにお買い物されている方はポイントやSPUも貯まりさらにお得に!!楽天カードや宇佐美系列のガソリンスタンドでも楽天ポイントが今では貯まります。それらのポイントを貯めてお得にお買い物や旅行商品その他にもパソコンサプライや車カスタマイズ商品など楽天も充実しています。

-AdSense, WordPress, カスタマイズ
-, , ,



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



目次に戻る


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください