噛み合わせ治療で正しい噛み合わせと理想的な噛み合わせは違う

正しい噛みあわせ噛みあわせ
home>
治療>
噛みあわせ>
噛み合わせ治療で正しい噛み合わせと理想的な噛み合わせは違う

正しい噛みあわせ

正しい噛みあわせについて、多くのサイトや歯医者さんのホームページなどで紹介されていると思います。

しかし、
私は約6年間噛み合わせにとても苦労しました。

その経験から正しい噛みあわせと理想的な噛みあわせは違うということです。

また、

噛み合わせは人それぞれ違うので、下手に噛み合わせの治療をしないほうが良いのではないかということです。

きっかけは、歯根治療した歯が根っこ部分が痛み治療し直したことから始まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読む方へのオススメ

目次に戻る


結果から言うと、歯根部に炎症が見られ(per)歯根治療をやり直すために歯を削って歯根を治療したのですが、

 

約2ヶ月間2本の小臼歯がない状態でしました。

それによって歯が動いたのかもしれません。

その状態で型を取ってクラウンを入れました。

  • しかし、うまく噛み合わない…。
  • それどころか低い…。

ある程度低くても思いっ切り噛み込めば上下の歯が当たることは当たります。

しかし、それに加えて歯の角度(ベクトル?)が違った為に噛みこむたびに右側にズレていく感じでした。
(ズレていっていました。)

それによって前歯のずれた方向の犬歯にも負担がかかったりしたこともあり、
犬歯誘導が強くなりすぎていたのかもしれません。

スポンサーリンク

そして、咬合ラインも外側に向いていた為より前歯に負担がかかります。

舌側側(歯の裏側)を削ることによってその負担を軽減されました。
(勝手にです!!)

合っていないと訴えても、右にズレていくと訴えても…。

作り直してくれればいいのになぜ歯医者さんは素直に作りなおさないのでしょう?

  • お金がかかるから?
    (歯医者さん持ちになるから)
  • それとも時間がかかって他の患者さんが診れないから?
    (=お金にならない?)

理由は定かではないですが、
いくら患者側の主観を訴えてもなぜか作り直ししてくれる歯医者さんはほとんどいないと思われます。

そして、他の歯医者さんを探す…。

スポンサーリンク

俗に言うドクターショッピング状態になることもある人は多いのではないでしょうか。

 

そこで、
よく患者側の主訴(訴え)を聞いて、

歯学的には違うと思っても一度は訴えを聞いて受け入れてその後しっかりした説明をしてくれればいいことです。

だけれども、それをしてくれる歯医者さんはなかなかいないように思われます。

また、

初めは説明してくれますが、治療を重ねる毎に説明内容が変わっていく…。

ただ単につじつまを合わせる為に!!

前回言っていた内容と違うじゃん。
と思ってもなかなか患者側は言い出せないものです。

言えたとしても、歯医者さんは適当に言い回して誤魔化します。

そして、

スポンサーリンク

挙句の果てには手に負えなくなってくると「様子を見ましょう。慣れてくると思いますので…。」

 

それで、慣れてきて身体に異常や違和感がなければまだ良いですが、
下手すると噛み合わせのズレによって身体全体のバランスも崩れてきます。

すると、

  • 肩が痛くなったり、
  • 首が痛くなったり、
  • 姿勢が悪くなったり、
  • 腰が痛くなったり、
  • ひどい場合には歩くことも困難になったり、

そんな風になることもあります。

噛み合わせによる姿勢不良

 

なので、歯はとても大事です!!

 

噛み合わせや噛み合わせのズレなどを訴えても様子を見ましょうとか患者側の主訴(訴え)を適当に誤魔化して流してしまう歯医者さんには絶対に行かないほうが良いです。

 

また、

スポンサーリンク

自分の天然の歯をむやみやたらに削る歯医者さんもやめた方が絶対に良いです!!

 

歯は削ってしまったら2度と元に戻りません。

人それぞれ歯の形も違うし体のバランスの重心点などは異なります。

歯の形のみではなく裏側(舌側)の形も違います。
(これで舌の感覚が元と著しく違うと違和感を感じてしまいます。)

まとめ

スポンサーリンク

噛み合わせは人それぞれ違います。

 

その人の主訴をよく聞いてくれて出来る限りの修正をしてくれる歯医者さんが良いと思います。

一応簡単に理想の噛み合わせ論は以下になります。

  1. 本人がアゴ(噛み合わせも含め)の違和感、痛みを感じないこと。
  2. 両側奥歯が均等に、しっかり当たって噛めること。
  3. 上下の歯を軽くカチカチ噛んだ時に、上前歯4本に下の歯が強く当たっていないこと。
  4. 上下の犬歯がしっかりと噛んでいること。
  5. 下アゴを左右に歯軋りするみたいにズラした時に、犬歯が当たっていること。
    ※特に4、5は噛み合わせのキーポイントです。)
  6. 5の状態で、奥歯(特に奥から2本、第一大臼歯、第二大臼歯)が当たらないこと。
  7. 下の犬歯3が上の側切歯2と犬歯3の間に噛み込んでいる。
  8. 上下の歯の間に大きな隙間がない。

こんな感じでしょうか。

正しい噛みあわせは人によって違います。

正しい噛みあわせ論は歯学的にはあると思いますが、
その人に合ったもので違和感を感じないことが、
その人の正しい噛みあわせということになると思います。

噛み合わせで困っている方は、
しっかりと患者側の(自分の訴え)主訴を充分聞いてくれる歯医者さんを選ぶことが噛み合わせによる異常を派生させない為の第一歩だと言えます。

もちろん、
明らかに噛み合わせがおかしい場合は除きますよ。

例)歯がないとか…。

 

スポンサーリンク

今や全国のコンビニの店舗数(数)よりも多い歯医者さん・歯科医院です。

 

ホームページには何とでもキレイ事は書けます。

一番重要なのは、
しっかり患者側の主訴(訴え)を聞いてくれるか。

ということと
治療した歯がすぐに外れてしまったり噛み合わせに違和感を感じないようにしてくれるということかと思われます。

そういう積み重ねによる信頼関係を構築できる・構築していける歯医者さん・歯科医院が良いと言えます。

何より人と人です。
信頼関係が一番です。

もちろん、技術に裏付けされたものに限ります。

あと重要なのは口コミや実際に行ってみた知り合いや友達、
さらに言えば歯科衛生士に知り合いが居れば聞いてみることも重要だと思います。

※私はたまたま歯科衛生士の知り合いに聞くことができ、良い歯医者さんを教えてもらえました。

さらに言えば、
歯科医院内で歯科医と歯科衛生士などスタッフ間でのコミュニケーションがギスギスしていない歯医者さんが良いと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました